インプラント治療とはこれまで入れ歯やブリッジでしか対応の出来なかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
入れ歯と違い噛むことが難しかったものも噛めるようになります。

また、取り外す必要がなくなり、人前でも口元を気にせず、食事やお喋りが楽しく出来るようになります。
インプラント治療は、お口の中の機能回復と自然な審美性を追求した新しい治療法です。

インプラント治療における重要なお知らせ

インプラント治療を受けた患者様で、認知症と診断された方のご家族の方は、できるだけ早急に当院までご連絡ください。
今後の口腔ケアについて十分な説明をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

インプラント治療のメリット
1.自分の歯のような噛み心地

まるで自分の歯で噛んでいるような感覚を得られるのがインプラント第一の特徴です。
あごの骨に直接固定されているため、人工の歯で噛む振動がそのまま骨に伝わり、自分の体の一部のように感じることができます。

歯が抜けてしまうと、あごの骨はだんだん痩せていき、ぴったり合わせて作ったはずの入れ歯もだんだんずれてしまいます。さらに入れ歯が歯ぐきにぶつかる刺激により、あごの骨はますます痩せてしまいます。
その点、インプラントは骨の減少を防ぐとともに、骨の代謝を促すため、健康なあごの状態を維持することができます。またこのインプラント治療法なら、一本だけ抜いてブリッジにしなければならない治療も、両側の健康な歯を削らずにすむのです。

2.治療のあともずっと快適!

インプラントの土台となる部分にはチタンという金属が使われています。このチタンが一定の条件で骨に埋め込まれた場合、骨の拒否反応はまったくないどころか、逆にチタンの表面を覆っている酸素の膜を通して強い結合が生まれます。
つまりインプラントは時間の経過とともに、直接骨と結合していくのです。このことから、インプラントは治療後もずっと快適に使えるのです。

3.突然はずれるようなこともなく、
見た目も自然に

通常の入れ歯と比較した場合、インプラントなら突然はずれるようなトラブルがありません。
また入れ歯と歯ぐきの間に食べカスが挟まったり、口の中で動くといった不快感もありません。
はずして洗う手間もなく、さらに見た目も自然など、入れ歯にはないうれしいメリットがたくさんあります。

インプラント治療のデメリット
1.コストがかかる

インプラント治療は保険適用外であるので自由診療となります。
インプラント治療に使用する器具や材料は高価なものが多く、費用は手術の難易度、本数により必要な費用が算定されます。

2.治療後のメンテナンスが必要

歯科医による定期健診は、はじめのうちは毎月、それから2ヶ月ごと、3ヶ月ごとと間隔が延びていきますが、個人差があります。
また、しっかりとメンテナンスしないと周囲炎(歯周病のようなもの)になったりしますので、定期検診により早期発見する必要があります。
加えて歯科医院で教わった正しい歯磨きを励行することでインプラントを長持ちさせることができます。

インプラントについて