幕張西歯科医院|千葉市美浜区幕張西の歯科医院

PEDIATRIC DENTISTRY

小児歯科

小児歯科 Pediatric Dentistry

お子様の歯の治療

お子様の歯の治療は、できるだけ削らない治療を考えています。
それはお父さん、お母さんをまじえてお子様にブラッシングの指導をしたり、予防処置としてフッ素やシーラントを塗布するという予防的な処置にウェイトを置いた小児治療です。
また、虫歯の場合でも治療を終えた後、定期検診においてお子様の歯の健康管理をすることにとても力をいれています。

保護者の方へのお願い

小さなお子様にも歯科医院へ行くことをお話し、心の準備をさせてあげてください。
不意打ちではお連れにならないでください。

 ・『お子様を脅さないでください。嘘は言わないでください。』 
例えば、「悪いことをしていると歯医者で削ってもらいますよ」「注射をされるよ」、
治療が必要な時に「口の中をみるだけ」と言って連れてくるというようなことはおやめください。

 ・『頑張った時はほめてあげてください。』 
基本的に子ども用の治療方法や器具はありません。大人と同じ機械や薬剤を使用します。
大人でも歯科治療は気持ちが良いとは言い難いものです。
頑張った時はたくさんほめてあげてください。

 ・お口の健康を守るためには、生涯を通じて歯科医院への通院は欠かせません。 
お子様の健康に対する意識に関わることであり、
また小児歯科診療はお子様との信頼関係の上に成り立っています。
ご協力をお願いいたします。

子供の歯磨き・歯ブラシについて

幕張西歯科医院では、ブラッシングの指導をしております。
歯ブラシは少し小さめで奥歯まで磨けるもの、毛束は少なめで毛先が歯の間に入っていけるものを使用して下さい。
毛は合成樹脂で弾力のあるもの、硬さはやわらかめか、ふつうくらいのものをお奨め致します。
歯磨き剤は、臨機応変に使用します。
それよりも、毎日のブラッシングが肝心です。
 
歯みがき剤を使って歯を磨くと、きれいに歯を磨けていなくてもスーッとして磨けた気分になってしまい、肝心な汚れを落とす事がおろそかになりがちです。
そこで歯ブラシだけできれいに磨き、しっかり磨けてから歯磨き剤をつけて仕上げ磨きをしましょう。
小さなお子様の場合、お母さんがひざの上にのせてあげて、歯を磨いてあげてください。
スキンシップにもなります。
歯ブラシの交換は、1ヶ月を目安にして下さい。
子供用と、仕上げ磨き用の2種類をご準備いただき使い分けていただくのをお勧めしております。

フッ素・シーラントについて

フッ素(フッ化物)とは?
フッ素は自然界に広く存在する元素です。 私たちの身体、特に歯や骨にとって欠くことのできない必須栄養素です。
乳歯や永久歯が生え始めてから2~3年は未熟で虫歯になりやすいため、フッ化物塗布をオススメいたします。


フッ素の効果
口腔内の洗浄・患部の消毒をし、専用の軟膏を塗ります。
①歯の表面にあるエナメル質を強くし虫歯になりにくい歯にします。
②虫歯になりかけた部分の再石灰化を助け、歯の修復を促進します。
③虫歯菌の活動を抑制します。